愛の講座終了直後インタビュー!

最終更新: 2019年11月23日

愛の講座は、そのタイトルから、 どんな内容なのか? 講座に参加したいことによって何が得られるか? と聞かれることがよくあります。 情報発信していく立場として 、もちろんそれを言語化して分かりやすく説明する必要があると思います。 ただ、体験を言語化するということについて少し触れたいと思います。 特に、伝えたい相手が今まで体験したことのない体験をどう相手に伝えるか? 言い換えれば、今まで食べたことのない食べ物の味わいをどう相手に説明するかという場合、 例えば、一度も納豆を食べたことない人に納豆の味わいを言語化しようとすると、

臭い、ネバネバしてる 、糸引く、茶色、柔らかい。

発酵食品なので食べることによって 腸内環境を整えられる、栄養素を補うという具合になります。 そしてその説明を読んだと、実際に食べようと思うか食べようと思わないか。 ちなみに私がイタリアで納豆のことを言葉で説明すると、「食べてみたいな」と言う人は、ほとんどいません。(笑)

毎回、愛の講座の場に立ち合って、ファシリテートさせている身として、愛の講座の体験の素晴らしさやそこから起きる未来の可能を伝えていきたいと思っています。 今回、このビデオは 愛の講座2019年5月愛の講座に参加してくれた直後に一部の参加者の人の貴重な声をまとめたものです。 ボディサイコセラピストで、ヨガのティーチャーであるダナによると体験型のワークショップにおいて、実際にそこで何を体験したかを実感するまで、また、それらを言葉にしたりそれを理解するまでには少なくとも6時間以上の時間が必要だと言います。いわゆる腑に落ちるという状態です。

今回は、参加者の人に敢えて、講座が終了した直後にカメラの前で語っていただきました。 その雰囲気やムード、また、そこから伝わるエネルギーなどを感じ取っていただけると幸いです。



愛の講座の他のブログを見ていただけると、 様々な形で愛の講座に参加した体験談や後日談を見ていただくことができます。 by Udara




次の愛の講座の開催が決定しました。 愛の講座 第8弾 生命力を活性化する 11月2日-4日 三重県 詳細はこちらより

#参加者の声

71回の閲覧

主催:愛の講座プロジェクト
​企画:岸事務所、LIVE COMMUNION