愛の講座に参加して 横山泰治氏

最終更新: 2019年11月23日

愛の講座に参加して掴んだのは、

「自分をセーブしない」こと、

「ハートから生きる」ことでした。


どちらも今まで「やっているつもり」だったこと。


でもこの愛の講座で、自分を解放してあげること、

自分の生命がやりたいことをやらせてあげることで、


今までの「つもり」が、

いかに自分の生命を押さえつけていたか、

いかに本当の自分の言葉を止めていたか、

に直面することになりました。


今までの自分には

「必要とされる分で生きる自分」

「評価や誤解を恐れて生きる自分」

があったことを掴んだのがその瞬間でした。



そして、合宿の様々なワークやセッションを経て

リーダーとして行動する、パートナーとしての自分、

父親のように愛し、子どものように愛される自分

家庭の一員として、世界を扱う自分

過去を通り、未来に向かって、今を生きる自分

を愛することができる自分に許可が出ました。


そこからは、自分を愛することが、

他人や世界を愛することにつながり、

他人や世界への貢献になることが、

誇らしくなり、生きていることへの喜びにつながっています。


現実でも違いが生まれ、

職場では人材が素晴らしく成長し、

家族との時間がより愛に満ちたものになり、

今までに関わったことがない分野の仕事や、

世界の問題に取り組むことができています。


この合宿にチェックインした時に

ふと思いついて書いた「Yashu」というニックネーム。

高校でカナダに留学していた時、無限の未来と、

世界につながる存在として生きていた自分が

手助けしてれたのかもしれません。



113回の閲覧

主催:愛の講座プロジェクト
​企画:岸事務所、LIVE COMMUNION